Category: 文字 – Works

アンブレイカブル

 

気付いた時、あなたはもうここにいた。

午後一時のホームで、黄色の直ぐそばに。

あなたは、次の電車を待っている。きっぷは既にポケットの中に寝ていて、しかしそこに書いたものはあなたの目的地ではない。 Read More

坚不可摧

等到回过神来,你已经站在那里了。

下午一点的站台,就在那黄色旁边一点。

你还在等着下一班列车,车票早已在口袋中静静沉眠着,然而上面写着的却不是你的目的地。 Read More

囚人とYさん part.1

第一日目

いつからなんだろうか、彼がこの狭い牢獄に閉じこまれたのは。振り返ってみれば、たぶん十年近くだろう。時間的にはずいぶん長い間だが、周りの環境は大きな変わりがなかった。狭くて、絶望感が満ちている監房はそのままだし。冷たい鋼の檻が静かに外の世界を隔絶した。こんな牢獄での生活はそんなに悪くないと思ったのは、鎖が掛けていた時間が長すぎて、魂がもう逃げることを考えられないからかもしれない。思想と活力がどんどん削られたら、拘束されることも慣れたわけだ。時間はただ、無意識の中で急速に流れ行った。彼が振り向いた時、この閉鎖な空間でもうこんなに長くいたことを、初めて気付いた。 Read More

影踏

铁路道口的警报铃终于停止,夕阳下她朝着铁道的另一边迈出步伐。遮断机的档杆升起时,身后传来熟悉的呼唤声。身着水手服的少女回过头去,瞳孔之中映出的人影属于自己的旧识。栗色的马尾在急停之后跨过了左肩,细密的汗珠挂在了额前。稍显急促的呼吸还带着些热意,在深秋的小镇一角留下独有的气息。

她停下脚步,朝着那张微笑的容颜挥了挥手。一如往常的对话再一次开始,一字一句都已经如同本能一般从双唇之间流出。之前在铁轨另一端等待着的,手提着白色塑料袋的长辈们,早已经默默走过她和旧友的身边。标识线剥落了的沥青路上,所有其他人的脚步都在渐行渐远。 Read More

誓约

1443年寒月季第74天

塞尔福特回头看的时候,“托莉”已经自己走回到马棚里去了。托莉是一匹三岁的矮种马,也是这小镇上唯一的旅店“黄昏橡树”里为数不多的三匹马之一。他放心地舒了一口气,搓了搓因为忘记戴棉布手套而变得通红的双手,准备向旅店的正门走去。 Read More

1 2 3 13